協会設立に必要な知識

協会ビジネス3つのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
deme3

協会ビジネスは、当然、良い所ばかりではありません。デメリットもあります。

 

協会ビジネス3つのデメリット

はじめに、デメリットをしっかり把握しておくことで、デメリットに対応できる仕組みを考えておきましょう。

 

資本関係・雇用関係がないので、組織として運用できない

協会と認定講師の間には、資本関係、雇用関係はありません。

両者をつなぐのは、理念や目的です。これで結びついていないと継続的な関係は維持できません。

「業務委託契約」もしくは、「規約」できちんと関係性を築くことです。

お互いは雇用関係にはなく、共同のビジネスパートナーとなります。

 

一人の認定講師が起こした不祥事で全体のブランドイメージが下がる

認定講師一人が不祥事を起こしてしまうだけで、全体のブランドが傷ついてしまいます。

誰でも協会に受け入れるのではなく

・入会基準を決める

・退会基準をきちんと作る

など、規約を守れない認定講師、トラブルや不祥事を起こす認定講師には、退会してもらう対策が事前に必要になります。

shared-img-thumb-pak86_iphonetomemo20140313_tp_v

 

構築したノウハウが流出してしまう

契約で守秘義務を決めても、受講生がカリキュラムを改変して、著作権を外してしまうことができます。

いくら規約で固めても、ノウハウは流出してしまうこと、これは覚悟しておいてください。

ノウハウ流出を罰しようと、エネルギーを消費するよりも、常に新しい良いカリキュラム作りを目指して下さい。

認定講師を囲い込むよりも、この協会に所属すると、楽しい、利益になるという仕組み作りに注力することです。

一緒に作り上げる喜びを感じる認定講師を育成し、応援しながら協会を盛り上げていきましょう。

 

 

 

※ 参照元 協会ビジネス設立を検討中の方は、ご一読ください。

 

巻末付録: 協会ビジネス設計シート付
ワークを進めることで、あなたの協会ビジネスの未来像をイメージできます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メール講座受付中!

協会ビジネスの成功ノウハウを学ぶ前に知っておくべきこととは?


lptopmail

↓今すぐ無料小冊子を手に入れる↓


無料メール講座に参加する

<協会ビジネスに関するお問合せ・ご相談受付中>



一般社団法人 協会ビジネス推進機構認定
「協会ビジネス®コンサルタント」が
協会設立、認定講師事業に関するご相談を受付中





コメントを残す

*