協会設立に必要な知識

協会ビジネス3つのステージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
stage3

新・家元制度と、従来の家元制度の違いが理解できたら、3つのステージを1つずつ作りながら上がっていきましょう。

 

<ステージ1> 認定講座ビジネスの成功モデル作り

 

協会を作って、講座を作っても、認定講師を養成しなければ、仕組みは回っていきません。

「先生になりたい人」募集の準備をすすめていきましょう。

 

ステージ1はさらに3段階に分けられます

 

1.認定講師を発行する団体を作る

認定資格を発行することは、簡単です。
でも認定証に信頼性や権威がなければ、だれも取得したいと思ってもらえませんね。

あなたはその資格にどんな権威付けができますか?

資格を取る対象者が、主婦層なのか?専門家なのか?によっても選択肢は変わってきます。

 

2.教科書をつくる

認定講座のカリキュラム作成時には、分かりやすい教科書ではなく、教えやすい教科書が必要になります。

また、初めての講座でも、認定講師がわかりやすく、迷わず教えられることが重要になります。

誰でも、一定レベルの質を保ちながら「教えられるようになる教科書」。
それを作るには、「教える基準作り」も大切になってきます。

 

3.ブランド化する

認定の仕組みとテキストが準備できたら、次は、いかに受講生を集めるかです。

協会ビジネスの受講対象者は、講師として「教える」を仕事にしたい人です。

ジョイント、タイアップ企画、イベント、広告など手段は色々あります。

順番としては、協会をブランド化、講座をブランド化、認定講師をブランド化 の順で進めていきます。

 

<ステージ2>認定講師が活躍できる場を作る

受講生は、せっかく講座を受講して、資格を取ってもすぐに教えるまでの自信がなく、学んだだけで終わってしまうことも多いです。

これでは、講座ビジネスのままで、協会ビジネスにはなりません。

仲間を作り、目標を設定し、先生として活躍する仕組みが必要です。

認定講師が各地で活躍できるための仕組みを作り、何度も説明し実践していくための教育も大切になります。

 

<ステージ3>継続して収益の上がる仕組みを作り出す

協会ビジネスは、認定講座を作り、認定講師に認定証を発行したらおしまいではありません。

認定講師が継続して、収益の上がる仕組みを構築し実践できなければ、せっかく育成した優秀な講師も続けていくことはできません。

重要なことは、認定講師たちが、満足感、充実感を得ながら働ける環境を整えること。

そのためにも、協会は、常にその先にどんなゴールがあるのか、未来を提示し続けることが必要なのです。

そして、あなたの協会が認定講師に提供できる6つの報酬についてもしっかりと考えていきましょう。

 

 

 

※ 参照元 協会ビジネス設立を検討中の方は、ご一読ください。

新・家元制度と、従来の家元制度の違い、6つの報酬についても学ぶことができます。

 

巻末付録: 協会ビジネス設計シート付
ワークを進めることで、あなたの協会ビジネスの未来像をイメージできます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メール講座受付中!

協会ビジネスの成功ノウハウを学ぶ前に知っておくべきこととは?


lptopmail

↓今すぐ無料小冊子を手に入れる↓


無料メール講座に参加する

<協会ビジネスに関するお問合せ・ご相談受付中>



一般社団法人 協会ビジネス推進機構認定
「協会ビジネス®コンサルタント」が
協会設立、認定講師事業に関するご相談を受付中





コメントを残す

*